サロン求人だけじゃない!派遣ネイリストの働き方
  1. サロン以外にもイベントで活躍できる派遣ネイリスト

サロン以外にもイベントで活躍できる派遣ネイリスト

派遣ネイリストが活躍できるのは、ネイルサロンやエステサロン、結婚式場、美容室、化粧品販売(デパートなど)等、美容系のお店だけだと思っていませんか?

実はネイリストが活躍できるフィールドは、美容系のお店だけではありません
サロン以外にも活躍できる場はたくさんあります。

では、派遣ネイリストの活躍できるジャンルには、一体どのようなものがあるのでしょうか?

高級車販売店や住宅販売店でのイベント


レクサスなど高級車販売店では、顧客を長く待たせる事は極力したくありません。
けれど契約に時間がかかる場合、また混雑している場合はどうしても待ち時間が生じます。

そこで待ち時間を利用して、顧客のネイルケアやハンドマッサージ、アロマテラピーなどのサービスを提供するケースがあります
とくに新車の発表会などは多くの顧客が押し寄せて混雑するため、商談までの待ち時間に無償のネイルケアサービスで顧客に楽しんでもらうサービスが生まれているのです。

これは何も高級車販売会社だけの発想ではなく、車よりもさらに高額な住宅販売会社のイベントにもネイリストが派遣され、顧客にネイルケアを行うケースもあります。

顧客向けサービスの一環としてネイルケアサービスが注目されているのです

意外にもニーズがある介護施設


「福祉ネイル」をご存知でしょうか?
主に女性の高齢者や女性職員に対し、ネイルサービスを行うことです。
とくに介護施設に入所している高齢者は頻繁に外出出来ず、その時間のほとんどを施設内で過ごすのがほどんど。

出張理美容サービスを利用して髪型などを整える事はできますが、ネイルケアまで出来る業者は少数派。
けれど高齢者率が全人口の27%を突破した超高齢社会を背景に、ネイリストが介護施設へ出張して高齢者にネイルケアを行うサービスが注目されているのは事実です

今後はさらに介護施設での福祉ネイルニーズが拡大すると予測されています。
ネイリストの新たな活躍の場として、介護施設は可能性がある分野です。

男性向けネイルサービスに派遣ネイリストが活躍


ネイルサービスと聞くと「女性向けサービス」と思いがちですが、実は男性にも「メンズネイル」が浸透しつつあります。

会社社長や営業職など人と接する機会の多い職業の男性は、第一印象や清潔さに気を配っています。
指先が汚いとマイナスイメージで見られるため、男性用のネイルケアが注目されているのです。

メンズネイルは派遣ネイリストが個宅を訪問するケースもありますし、勤務先で複数の男性にネイルケアを施す場合もあります。
社会的ステータスを持つ方々だけに一般男性よりもトラブルは起きにくく、リピーターになってくれる可能性も高い要注目のジャンルです