サロン求人だけじゃない!派遣ネイリストの働き方
  1. 派遣ネイリストの仕事の流れとは

派遣ネイリストの仕事の流れとは

ネイリストが派遣として働く場合、一体どのような仕事の流れになるのでしょうか?
これから派遣ネイリストとして仕事を始めたいと思っている方は、是非チェックしてください。

派遣会社に登録する場合


ネイリストが派遣で働く場合、まずネイリストをイベントやネイルサロンへ紹介してくれる派遣会社にあらかじめ登録する方法があります。
ネット求人を見ると、ネイリストを派遣する専門の会社が人員募集を行っているケースがありますし、会社が独自にホームページを立ち上げて自社サイトから直接募集しているケースもあります。

派遣会社に登録する場合、応募資格・勤務条件・勤務地・給与(時給)などの細かい規定があります。
雇用形態は業務委託契約となりますが、それ以外の細かい条件は会社によって差がありますので事前にご確認ください。

応募資格にはJNA2級以上やJNAジェルネイル技能検定初級以上、ジェルネイルの得意な方などいくつか条件が付く可能性もあります

派遣で働くネイリストは、即戦力としてすぐに店舗やイベント会場で仕事をしなければなりません。
そのためすでに資格を取り、いつでも仕事が出来る人材が求められているのです

ネイルサロンが直接ネイリストを募集する場合


派遣ネイリストをネイルサロンやエステサロンが直接募集しているケースもあります。
この場合「オープニングスタッフとして一か月間、一日4時間勤務して欲しい」「忙しい時間だけ、週4日勤務して欲しい」など、店舗側の要望に従って仕事をします。

サロンが直接派遣ネイリストを募集する場合、研修期間が設けられている場合があります。
もし資格を取得したとしてもサロンでの実務経験がないとなかなか自信が持てないものですが、研修期間を設置している店舗なら事前に実践練習が出来るので安心。

資格があればサロン経験を問わない求人もありますし、中には資格の有無を問わないネイルサロンもあります
あまり自信はないけれど、ネイルサロンで働いてみたいという方は派遣ネイリストとして働く方法もあります。

派遣社員から正社員になれる紹介予定派遣


派遣会社から派遣されるネイリストの中には「紹介予定派遣」でやってくる方もいます。
この働き方は、実際に入店したお店でその実力や接客マナーが認められた場合、派遣ではなくそのお店の正社員として登用される働き方です。

ネイルサロンは実際に勤務してみないと働きやすさや人間関係、客層が分からない面もありますので、一定期間勤務した後に本人とお店側が合意すれば正社員として働ける紹介予定派遣はかなり合理的な方法です。

もしそのお店が気に入らない時は断っても構わないため、プレッシャーを感じる事も少なくお勧めの働き方です